“A Spectacle of Glory”

Joni Eareckson Tada

 

 

2コリント 4:16-18

ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。

今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。

私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。

 

 

時折、人は私にこのように 言って励ましてくれようとします。

「Joni、神は、あなたがこのような試練に耐えることができることを知っているから、このような試練を、あなたに与えているのよ。

あなたの性格を全て知っている神は、あなたが、強い人であることを知っているから、このような試練をも絶え抜くことを知っているからこそ、こんな試練をあなたに与えているのよ。」

 

そのような言葉に対する私の反応は、いつも相手を少し驚かせます。

私は、こう言います。

「いいえ、全然違います。

全く正反対です。」

 

神が私にこんな試練を与えたのは、神は、私が弱いことを知っているからです。

試練を耐えうる強い人が誰であるかを、神が見渡した時、候補者の中で、私は、おそらく最後の人間でしょう。

私は、自分がどんなに弱い人間であるかを知っています。

そして、どんなに頑固で、それでいてすぐに心が折れてしまうか、そしてどれだけ気が短いかも。

だからこそ、私は、神に助けを願うのです。

 

「神よ、助けてください。

こんな四股まひ障害の体に、私はあと1日だって耐えられません。」

 

私がそのような心で神に向き合う時、神は私に恵みのうえに、さらに恵みをもって応えてくれます。

それは、私が自分の弱さを知り、神の強さを知り、そして私が神を一部分だけではなく全てにおいて必要としていることを知るからです。

 

主よ、私は、これらのことを決して忘れることはできません。

なぜなら、私は忘れたくないからです。

私は、昨日、あなたを必要としていました。

起きている時も、寝ている時も、一分一秒において。

私が強く勇敢でありたい時も、私は、そのようにあることができません。

そのようなふりをすることすらできません。

あなたは、私が助けを必要とする人間であることに気づかせてくれて、それによって私の本当の助けは、あなたから来ることに気づかせてくれました。

そして、あなたは、なんて、優しく、良い、忠実な助けとなってくれていることでしょう。

 

シェアする:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com