4月5日のイースター礼拝後にしげみさんのバプテスマがありました 私達から神様への信仰告白で、欠かすことのできない儀式です    大勢の方が、集まってくださいました ご主人の方が緊張されている? しげみさんが、洗礼を受けるに至った経緯をお証されています    皆が見守る中静かに始まりました ...

シェアする:
P1060018

12月9日の夜、メインキャンパスのサンクチュアリで、恭子さんが洗礼を受けられました しばらく前に、しっかりとイエス様を心に迎えられた恭子さんですが、本日の洗礼で恭子さんが神さまの子であることが世界のすみずみまで公にされました なんとうれしいことでしょう 天では今頃、大宴会が催されていることでしょう 「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか ...

シェアする:
20140907_111144

ハレルヤ、本日2014年9月7日、RHCC日本語ミニストリーははじめてこのノースチャペルで礼拝を捧げました 私たちの心に、このノースチャペルでの礼拝という思いが与えられたのはいつだったでしょうか あれからずっと、私たちはこのために祈ってきました 祈りを重ねつつ進んだところ、サウスベイの日本語を話す人にもっともっと福音を伝えるため、より多くの人が神様のところに来られるようにと、たしかに神様はノースチャペルを「約束の地」として用意してくださっているという確信に変わって行きました 神様の約束してくださったものを確かに受け取るため、私たちはその後も祈りを続けました ...

シェアする:
20140831_111052

私たちRHCC日本語ミニストリーは、2000年3月から14年間と5ヶ月の間、毎週日曜日、ノースキャンパスの304号室で神様に礼拝を捧げてきました このたび、より大きな礼拝場所、同じくノースキャンパスのチャペルを与えられ、本日8月31日をもって304号室での最後の礼拝となりました 最後の賛美は、サマーバイブルキャンプでお手伝いをしてくれたティーンバンドとともに行われました ティーンバンドのメンバーの中には、新しく大学に入るため旅立っていったメンバーもいます 今日は、残されたメンバーでがんばりました ...

シェアする:
20140816_173811_resized

8/18(月)から、サマーバイブルキャンプが始まります 今日は、キャンプでボランティアをしてくれるプレティーン、ティーンの子どもたちが集まり、 キックオフBBQがありました                天候にも恵まれ、子どもも大人もたいへん祝福されたときを楽しみました これで一致団結!明日からがんばるぞー サマーバイブルキャンプの5日間の間、神様が豊かに祝してくださいますように ...

シェアする:
photo1

6月15日(日)は「父の日」でした その存在は「バレンタインデー」に対する「ホワイトデー」のようで、「母の日」と比較して、どうしてもジミーなイメージが拭いきれないのではありますが、礼拝に出席した皆様から、喜んでお祝いしてもらえると、「あぁ、やっぱり良いものだなあ」と思うのでした 礼拝のメッセージは「父と夫と聖書」と言うタイトルで、家庭の父である私たちは「父からの一貫した公正なしつけ」を子供たちに与えて行く事が必要であり、そしてそれと同じく「母からの子供への見守り」と、「夫婦間の愛情」と、「家族全員で過ごす時間」が必要であり、聖書によって子供を育て、家庭を正しい方向へ導いて行く事が、船頭である父親に求められている事が語られました 時に私たちは、その場しのぎをしてしまったり、「時代の流れ」と言う便利な言葉を使って、筋を曲げてしまったりする訳ですが、何故そんな事をしてしまうかと言うと、自身の中に明確な定義を持てていない事が大きな要因なのではないかと思います 時代の流れを掴むことは時として重要ですが、それ以上に父とは、子供に対して一貫した存在である事が重要であり、その一貫した教えは時代によって変わるトレンドや、それに傾倒するあやふやな価値観では無く、聖書と言う神からの言葉に基づいている訳で、その事を理解して子供たちに接していくことができる事は、父として本当に嬉しくて、そして有難い事だと思うのでした ...

シェアする:

バージニア州にいた頃、ともにバイブルスタディーをしていた友から頼りが届きました びっくりすることに、「私は仙台福音自由教会に通っています」と書かれていました 仙台福音自由教会といえば、私たちを牧してくださるNori先生のお父様がいらっしゃり、絵里姉妹がスタートした「はじめのいっぽ」を通して、新しい交わりが開かれた教会です この夏には旬子姉妹が、「はじめのいっぽ」で集められた募金とお手紙を持って仙台福音自由教会まで届けてくれました これからもよい交わりができればと、祈っていたところでもありました ...

シェアする:
20140119_125426

日曜礼拝の後、いきなりケーキ登場! 今日は、みんなで、愛するNori先生のお誕生日をお祝いしました Nori先生がRHCC日本語ミニストリーの牧師になられて一年 この一年が祝福され守られたことと、みなで心を合わせて祈っていた労働ビザがちゃんとおりて、引き続きNori先生が私たちを牧してくださることを感謝して、 全員でバースデーソングを歌いました   たくさんろうそくがあるから、消すのもたいへん ...

シェアする:
omusubi1

   礼拝後おしゃべりに花咲かせランチをしていて、ふと目に入ったこの光景に感激してパチリ   余ったごはんをみんなが持ち帰られるように、おむすびを作ってくれていたのでした 時々お鍋からこそげ取ったカレーをかけてつまみぐいしつつ、二人で楽しそうに作っている様子 そこにイエス様がいて、「よい僕だ」と喜んでおられるような気がしました~ ごはんの日には、大きな炊飯器で20合前後のごはんを炊きます 早めに教会に来て、階下のキッチンで米を研ぎ、水を入れて運んでくれるのは男性たち ...

シェアする:

お友達のりかさんがともにイエス様を信じるクリスチャンになりました 同じ方〔神様〕を「お父さん」と呼ぶ姉妹となれたこと、本当にうれしく思います ...というか実は、彼女は過去10ヶ月あまりすでにクリスチャンであったのですが、「まだ洗礼を受けていないので、自分はクリスチャンではない」と思っていたそうです   クリスチャンになった日 今週、のり牧師、奥さんの芳香さん、りかさんと私の4人で会食していたとき、「あの日、あの時、のり先生が話される証を聞くうち、私は何かを受けとった」と思い返す日に気づいたそうです のり先生がその証をした日を調べると本年の2月26日であることがわかりました ...

シェアする:
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com