私たちは、次のことを信じ、教え、そして従う教会です。

1. 神は唯一であり、父、御子、聖霊の3つの位格として永遠に存在します。

(創世記1:1、マタイ28:19、ヨハネ1:1-3、ヨハネ4:24、使徒5:3-4、ローマ1:20、2コリント13:13、 エペソ4:5-6)

2. イエス・キリストは聖霊によって受胎され、処女マリアより生まれ、完全に神でありまた完全に人間です。

(マタイ1:18-25、ルカ1:26-38、ローマ9:5、テトス2:13)

3. 聖書は全て神の霊感による、神の言葉であり、原書において全く誤りの無いものです。聖書は私たちの信仰と生活にとって最高かつ最後の権威を持つものです。

(イザヤ40:8、マタイ5:18、マタイ24:35、2テモテ3:16、ヘブル4:12、2ペテロ1:20-21)

4. 人は神の似姿(イメージ)に似せて造られました。人は罪を犯し、それによって肉体的な死だけでなく霊的な死、つまり神との離別、が発生しました。人は全て罪の性質を持って生まれて来て、そのあらゆる思考、行動において罪人です。

(創世記1:26-27、創世記 3:1-24、ローマ3:25、ローマ5:12-18、1ヨハネ1:8)

5. 主イエス・キリストは、私たちの罪のために、私たちの代わりに、そして私たちを贖うためのいけにえ(ささげ物)として死んでくださいました。イエス・キリストは3日目に肉体をもって死から甦り、死に勝利されました。イエス・キリストを信じる全ての者はイエス・キリストの流された血によって義とされます。

(マタイ20:28、マタイ 28:6、ヨハネ3:16、ローマ3:24-26、ローマ 5:1、ローマ10:9、1コリント15:3、15:14、2コリント 5:21、エペソ1:7、1ヨハネ2:2)

6. イエス・キリストご自身が間もなく戻って来られることを信じます。

(使徒1:11、1テサロニケ4:16-17)

7. 恵みのゆえに、信仰によってイエス・キリストを受け入れる者は、聖霊によって生まれ変わり、永遠に神の子供とされます。

(ヨハネ1:12-13、ヨハネ 3:3-5、エペソ2:8-9、ヤコブ1:18、1ペテロ1:23)

8. 信仰によらずして神を喜ばせることは不可能である一方で、信仰を持つこと自体が健康や裕福な暮らしを保証するものではありません。

(ルカ9:22-27、2コリント11:23-31、12:7-10、ピリピ1:29-30、2テモテ3:8-12、ヘブル11:6、11:32-40)

9. 全ての義とされた者、義とされなかった者、が肉体をもって再び甦ります。救われた者には永遠の喜びがあり、そうでない者には本人が意識できる罰が伴います。

(マタイ25:31-46、ヨハネ5:28-29、1コリント15:12-57、2コリント5:10、黙示録20:4-6、20:11-15)

10. 全てのクリスチャンは、救われた瞬間に、聖霊によってバプテスマを受け、永遠に聖霊がクリスチャンの中に住まわります。クリスチャンは聖霊の導き、権威、そして力に従うことによって、聖霊による満たしを継続的に経験します。

(ヨハネ14:16、15:5、ローマ6:3-5、8:9-11、1コリント12:13、エペソ5:15-21)

11. キリストの体である教会は、霊的に生まれ変わり、聖霊から賜物を受け取った個々人のメンバーによって構成されます。賜物は教会全体を立ち上げるために活用されるためのものです。全てのクリスチャンが持たなければいけない同じ賜物というものはありません。新生の賜物というものも存在しません。また、異言を話すことが、生まれ変わり、満たし、または聖霊のバプテスマの証明とはなりません。

(ローマ12:4-8、1コリント12:12-13、エペソ2:14-20、4:4-16)

12. キリストは教会に対して以下のことを命じています。本人の信仰を宣言し、そしてイエス・キリスト及びその体とひとつであることを宣言するため、クリスチャンをバプテスマすること。そしてイエス・キリストの贖いの死による生きた証しとして、そして今現在のイエス・キリストとその体(教会)との交わりを思い返すために、聖餐式を行うこと。

(マタイ28:18-20、使徒2:28-47、8:36-40、10:47、18:8、ローマ6:3-5、1コリント11:23-29)

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com